スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

アニメじゃない

苦痛…

とんだ地雷を踏んでしまった…。

夫のガン○ム講座をえんえんと聞かされました。(夫はガンダ○世代)
こんな…、カタカナばっかり言われても分かんないよ…!!

なんでそうなったのかと言いますと、この歌ご存知でしょうか。

「アニメじゃない♪(アニメじゃない♪(復唱))
ほんとのこ~とさ~」


どう聴いてもアニメソングのノリなんですけど、「アニメじゃない」と言い張るという(それも2回繰り返しで)、やたらとインパクトのある曲。
昔どこかで聞いていたはずなのに、これが何のアニメの曲なのか、これ以降のフレーズも思い出せず、なんのヒントもない状態でたまに思い出してはモヤッとしてたのです。

なぜかわたしが歌うと、
「ほんとのこ~とさ~

ちょっとあれ~みな~

といつの間にかキャプつばに変換されているという不思議…。
キャプつばでないことは確か。

で。
この前、茶碗洗いながら気分よく歌っていたら夫に、

「…なにZZ(ダブルゼータ)の歌うたってんの?」

と言われ、長年の謎があっさり解けました…。

「…えっ?え!?この歌知ってるの?」
「ZZガンダ○の歌でしょ」

ということで夫に続きを歌ってもらいました。ていうか歌えるのかよ…

なにはともあれ謎が解けて、スッキリした。ね!姉!!(姉も一緒に悩んでた)

しかし、それだけでは終わらない。
わたしの、
「ZZ(ダブルゼータ)ってなに?(うっかり)」
の一言から、初期ガン○ムからZZに至るまでの壮大なガンダ○の歴史を滔々と図解とともに説き聴かされたのでした…。


なんにせよ、大人になってから判明する「そうだったのかー!」の気持ち良さよ。
関係ないけど大人になって納得したこと。
スポ根野球大作アニメの「おっもっい~ぃコンダーラ」は野球の練習のためのすごく重い何か、ではないってことだ。
魔法のスティック系アニメの(何かは忘れた)、「みーなーとーへーぬーけーるロジカラー♪」(テーマソング)
は、ロジカラーっていう何か素敵な魔法アイテムではないってことだな。
「港へ抜ける路地から」だ…!!

ほんとうに関係ない余談でした。


拍手ありがとうございました!
スポンサーサイト

| 絵日記 | 14:27 │Comments0 | Trackbacks0編集

テンション上がる

窓枠の一部ですけど何か

晩夏だけど、カマキリを目撃すると夏なんだな~と思います。
あんまり頻繁に目にしないので、発見すると少しテンションが上がります。
駅の待合室の窓枠に何食わぬ顔で、微動だにせずとまっていました。
写メに撮ろうかと思ったら、わたしの携帯の撮影機能がぶっ壊れていたことに気づきました…。(しかもずっと前から)

そういえば、去年の夏にカマキリに遭遇したときは、ホカ弁の店の入り口で激しく威嚇されたんでした。

どうでもいいことですが、カマキリは威嚇するとき両手の鎌を持ち上げて怒りのポーズを取るのですが、それでもこちらが引かずに攻撃を仕掛けると、「えっ、引かないんですか。そうですか、ダメですか」とばかり唐突に死んだフリをするそうです。(カマキリ図鑑調べ)
実際に見て確かめたいものです。



拍手ありがとうございまーーす!(´∀`*)

| 絵日記 | 01:41 │Comments0 | Trackbacks0編集

わーバトンだ

おおお初めてバトンが回ってきました、しかも実姉から。(笑)
初めて答えるにはふさわしい感じのするオーソドックスなバトンです。
ではさっそく回答。


履歴書バトン

●回す人を五人最初に書いておく。
わたしに回ってくる時点でかなりの末端に来ていると思うので…ここはひとつアンカーということで…えへ!

●お名前は?
まにのふ
必要に迫られて無理やり考えたHNです。
その時はなぜか、ロシアっぽい響きの名前がいい!何かないか、と思い、ロシアの大作曲家であるラフマニノフから取りました。実は。(超畏れ多い)
そして別に何の由縁も意味もありません(汗)
意外に、自分以外名乗っている人を見たことがないので、お?当たりか?と密かにほくそ笑んでます…。

●おいくつですか?
そろそろ無邪気に遊んでばかりもいられない年齢。でも遊んでいたい。

●ご趣味は?
漫画読み。何時間でもえんえんと読めます。果てしなく。
あとは、む~…帽子収集。ちょこちょこと買い集め、でっかいクリアボックスに2箱分詰まってます。しかし実際使うのは定番ばかりという事実…。

●好きな異性のタイプは?
黒髪剛毛軽く天パで鼻しっかりのちょっと目つきが悪く眉太い。
こういう風貌にもれなく惹かれる傾向があります(´∇`)
わたしのことを赦してくれて、わたしに引きずられないひと。

●特技は?
巻き舌!
巻き舌したまま「らりるれろ」を途切れることなく言える。
一見、地味に思えるかもしれませんが、これを上手に出来た人に未だお目に掛かっていません。

●何か資格は持っていますか?
こういう質問をされると、「何も!持って、ない!!(ガーン)」…と、ガクゼンとします。目が白くなります。

●悩みが何かありますか?
あります。

●お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
エビとキノコ類が好きです。とめどなく。
いつかオーストラリアの海の上、茹でたロブスターを丸ごとワイルドに手づかみでむしゃぶり喰らうのが夢です。
苦手はバナナ。果物類をあまり食べません。

●貴方が愛する人へ一言。
愛する人達へ。
息災でつつがなくありますように。雪道の運転に気をつけれ!!

●回す五人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。
えー…、アンカーですのでご勘弁を。
ご覧の方で興味がおありの方はどうぞ答えてみてください。



ぬおーバトンってすごく色々考えさせられますねー。
時間掛かったよ。ハフー

| バトン | 01:40 │Comments0 | Trackbacks0編集

なにもいえなくて…夏

……

友人宅の近所で毎年恒例の花火大会が開催され見に行ってきました。
規模も小さく、打ち上げは時間にして30分もなかったように思いました。
花火もだいぶ小玉をささやかに上げていたのですが、見通しのいい川原だったので間近で観ることができました。

花火は派手で迫力のあるものはあまりなく、小ぶりでひとつひとつ丁寧にお花を飾るみたいに上げていて、かえって胸にグッときました。

例えるなら、色とりどりの金平糖を夜空に散らばしたようなしみじみとした可愛さでした。
あとディ○ニーのファンタジアを思い出した。
魔法使いの弟子。

「うわ~魔法をかけてるみたい…」
素で思った2○才です…。


一瞬一瞬の美しさを刻みつけながら、あっという間に消えてなくなってしまう。
終わらないではいられない、変わらないではいられない、そんな寂しさを感じて、少し泣きたくなりました。

そんな夏の終わり。


拍手ありがとうございます( ´ゝ`)

| 絵日記 | 15:52 │Comments0 | Trackbacks0編集

気になってしょうがない

ぷるぷるしながらアイラインをひいてるはずだ

お盆期間中に、友人と『日本沈没』を観てきました。
もの凄い人出で、ギリギリ取れたチケットは最前列と二列目のバラバラ席でした。
で、わたしは最前列の席で観ました。
常に見上げる姿勢で観ているので、自然と画面下方向ばっかり目に入ってきました。
とよえつが飼っている(?)猫ばっかり見てた。
あと、前すぎて画像が荒く見え、とにかく迫力だけはあった思い出。

それと、最後に一番強く思ったことは、
大地真央は最後くらいノーメイク(風でもよい)で出たらどうだ。
ということです。

一般市民が砂埃でドロドロな状態にもかかわらず、彼女一人きっちりプレスしたかのようなスーツを着、メイクはもちろんパーフェクト(特にマスカラがスゴイ)というのはどうなんだ。
…と違和感を覚えました(笑)
特別対策本部みたいなところにいたから、地上に出ていない、故にあり得るのだとしても、緊迫した状況で毎日メイクアップしてる大地真央を想像したら、とても映画に集中どころではなかった。

上図は、地震発生のパニックの中、マスカラを重ねづけする大地さんです。(想像)

| 絵日記 | 16:19 │Comments2 | Trackbacks0編集

お盆

天然だが恐ろしい威力

レオンに話しかけると、一生懸命に首を傾けて「なに?なに?」みたいなそぶりをします。
まあこれは人間の勝手なアテレコなんですけど…。
もげそうな勢いで首をかしげる仕草が可愛すぎるので、それに合わせてついレオンの気持ちを代弁してしまう。

ま、それもこう思ってるんじゃないかなー、っていう単なる思い込みなんですけどね…。

でもいいの。可愛いから…。



レオンは夫の実家の愛犬です。
というわけでお盆は夫の実家に行っていました。
あとはお墓参りに行ったりと。
特別どこかに出かけるということはなく。
ていうかなにより暑いので、自宅に帰ってからはヘタってましたよ。

……もうッ!この湿気!!(イラリ)



拍手どうもありがとうございます(^▽^)
がんばります。

| 絵日記 | 15:55 │Comments0 | Trackbacks0編集

意味のない会話

ちょっと変です

姉と長電話しました。
けっこういつもなんですけど(笑)
今回は創作の相談を持ちかけてみました。

その結果、「キャラクター設定をもっと練った方がいい」と言われました。
それでもアレコレ相談していたら、
「とにかく練ってみたら。
練ればいいじゃん。


…練ろ!( ゚o゚)ノ」

だんだん語気が荒くなってきました。

ここで姉の気持ちが読めたわたし。
「練る」って表現が気に入ったんだな…と。

これはよくやる遊びなんですが、気に入った語彙を延々と活用させながらお互いにたたみ掛ける、っていうだけの何がいったい面白いんですかなお遊びです。


「練ろ!」
「練り込め!」
「練り込みたい…」
「め…めり込めろ!!」

「粘土状の固柔らかいモノにめり込ませたい!」


途中から「めり込む」に変換されていますが、これは遊びのルールとしてアリです。
そこから派生して文章を無意味に長くするのも高ポイントです。
さらに一連の流れをクドイ演技で演じきった方が勝ち?です。

バカです。


でもこういうことしてギャハギャハ笑い合うっていう感覚は、いかな親友といえども共有できえないことなので、し、姉妹ならではかなーと思ってます…。


あと言葉遊びの例として。
会話中、どちらかが流れで、
「そうみたい」
と言ったらすかさず、
「ホーミタイ(Hold me tight)」
と言わずにはおれないし、言うのが暗黙の了解になっています。

それと同じ例で、
「そういえば」
と言ったら、
「総入れ歯」
とダジャレるパターンもあります。


くだらなくてごめんなさい。



拍手ありがとうございます。

| 絵日記 | 14:55 │Comments0 | Trackbacks0編集

初めて

意識なくす手前

先日、ねとらじ(ネットラジオ)聴きました。
MCは某有名絵日記サイトの管理人さん。
芸能人でもDJでも著名人でもない一般の人が、世界中の人が聴ける媒体でラジオのパーソナリティを務める…って、なんだか新鮮だなーと。

開始時間だけ決まっていて、ざっくりしたテーマにのっとりリスナーが体験談や感想を掲示板に書き込み、随時それを読み上げネタにし、ひたすら好きなようにしゃべる。
深夜にはディープな下ネタにスイッチオンして、リスナーとの間に不思議な一体感が生まれたりで楽しうございました(笑)

まあ楽しさのあまり、身体が眠気を訴えても困ったことに辞め時がつかめませんでした。
〆時間を決めていないので先の見えないトークの波にひたすら埋もれるだけ…。

そ、空が明るくなってきたんですけど…!

もうここまでくると、意地で最後まで聴かないで終われようか!という気になるものですネ。
結局、午前零時から終了時間の午前5時15分まで聴いてました。




拍手ありがとうございます!!
めずらしくたくさんの拍手をいただけました。
ううう嬉しいーーーーヽ(´ー`)ノ
創作の糧にいたします!ありがとうございました。

| 絵日記 | 18:44 │Comments0 | Trackbacks0編集

蟲の季節

寿命縮む…

虫、真っ盛りですね。

夜出歩こうものなら、もれなく蛾なんかが先の読めない奔放な動きでダイブしてくるわ、見たこともないような蟲が地を這って蠢いているのを目撃するわ…。
寿命が縮む思いですよ…。

あと、ベランダやら玄関前が少し目を離したスキに蜘蛛の巣マンションに変貌してるのもやめて頂きたい。
くわえて蜘蛛、ビッグサイズ。
さらに朝、目覚めてボ~ッとしてるところに、足長蜘蛛と20cmの距離でご対面とか勘弁して欲しい。切に。


7月31日、中学時代からの友人が入籍したと連絡をもらいました。
なんだか感慨深い思い。
おめでとう、とメールを送ったら、こんな返事が。

「幸せにあぐらをかかずに旦那さまを支えられるよう頑張るよ」

その一文を読んで、ハッとしたわたし…。
少し背筋をぴんとさせられました。
初心を忘れちゃいかんです。

みむ、末永くお幸せに!!


あたたかい拍手に感謝です!

| 絵日記 | 20:30 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

まにのふ

Author:まにのふ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。