スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

姉の結婚式

GWのとある日、長姉の結婚式に出席しました。
場所は、ナイツの塙が披露宴をしたホテルです

その日は隣の東京ドームで、X-JAPANのコンサートがあるらしく、ひじょうにダークな感じで極彩色な方々がわんさといてビビりました…。

 
式も披露宴も、華美な派手さはなく、いろいろ用意したものが手弁当だったので(料理じゃないよ)、とてもあったかくいいお式だったと思います。

特に、新婦が自ら素材集め、編集、音付けまでした、二人のヒストリー的DVD上映会は軽く腰を抜かすほどの完成度で、ここまでするか(笑)と半ば呆れつつもとても感激しました…が

途中で小田和正は反則だと思う。

某保険のCM曲ですよもちろん…そりゃ泣くさ…


私のウェルカムボードもそうですが、手弁当の一つ次姉の声楽披露も控えていて、前室でリハーサルの終わった次姉に会ったら

1
顎から唇からガックガクになってました…

この日、二人して着物を着てたんですが、だいぶ強く帯を絞められたので、チャペルで賛美歌歌ってるとき、私は呼吸困難で軽く意識が遠のいたくらいで。
姉、大丈夫か?
と思ったら案の定
「全然声出なかった…」
とか呆然と言うわけで…。

ま、まままあ!!!
とにかくみんなで「大丈夫だ!大丈夫!!」とか励ましましたが、
「どうしよう…今日、絶対黒歴史が作られる…」
とネガティブ思考が止まらないご様子…。
披露宴のせっかくの料理も喉を通らないようだ。

そうこうしてるうちに披露宴もつつがなく和やかに進行していき、司会のおねえさんが新郎新婦に絡めてウェルカムボードの紹介もしてくれた。

「…このように、新婦の○さんは非常にグルメでもあり、特にお肉が大好きでこのウェルカムボードにも
とってもおいしそうに焼肉をお口いっぱいにほおばる姿が活き活きと描かれていますね!」

…たしかにそのように描いたのは私だが、このように大々的に滑舌の素晴らしい口上で述べられては、その瞬間「ちょっとやりすぎたかな…」と後悔したのは言うまでもないわけで。
もうひとつ、ジャージ姿で寝っ転がりつつ腹を出して漫画を読んでる姿の方はスルーしていただいて助かりました…。

「そしてなんと、このウェルカムボードは新婦の妹さんが制作されたんです!妹さん、どちらにおられますか、妹さーーん!」

…げ!!
こんな風に注目されるんなら、もっと優等生的なボードにすりゃよかったよ!的後悔のなか、隣の母が「立ちなさい、立ちなさい!」と急かすので「ハイ…」と挙手しつつ立ち上がったら、

2

盛大な拍手をいただいてしまった…

か…かんげき…(じんわり…)

その後も、いろいろな方から、「新婦の特徴を非常によく掴んだ、いいボードだ」
と、お褒めのお言葉をいただき、じゃあいっかあこれでーと思った次第です。


そしていよいよ、我が家族の最も緊張する瞬間、次姉の声楽披露がやってきました…!
親族席、みんな緊張で呼吸が荒い…!
夫にいたっては
「出来はどーでも、とにかく終わったらスタンディング・オベレーションしよう…!」
とか言ってますが「オベーション」ですよ、落ち着け!

息をのむ中、それは始まり、
そして終っていった…。

なんか緊張のあまりあんまりよく覚えてないけど、でもなんか良かった気がする!
歌い上げてたよ!デ、デーバだよ…!!

3
前言どおり、スタンディング・オベレーションする私ら。
一番親族席が盛り上がってた気がする…。

そのあとの新郎御兄弟によるバイオリン演奏もとても素敵でした。

その後、ゆっくりとクライマックスに向かって盛り上がる披露宴…。
涙と笑いと感動で包まれた、とってもいい門出の一日になりました。


全然関係ないおまけ。
この日の(愛しの)甥っ子。

4

カッコイイ服を着せてもらって、なんだかイギリスの新聞社で下働きをする少年みたいでかわいかったですおばばか!!
スポンサーサイト

| 絵日記 | 19:15 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maninoff.blog35.fc2.com/tb.php/113-da99cf79

| main |

プロフィール

まにのふ

Author:まにのふ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。