スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

お、怒られた…

大人なのに

六月に青森に帰省するにあたり、新幹線に乗るべく仙台駅に大急ぎで向かっていたときの話。

車で送ってもらったのですが、仙台駅前に近づいた時点で、乗る予定の電車の時間は迫りに迫っていたわけです。
だのにまだチケットすら買っていない。
ついでにお土産も買ってない。
しかもその日は金曜日、みどりの窓口も券売機も混むこと請け合い。

焦っていたのです。早く早くと…


ここで仙台駅ってどんな感じか説明すると、……、

えー近づいたと思ってもたどり着けない、とにかく信号がいっぱいあって、駅に車を横付けするには色々タイヘンだということです。(はしょった)

というわけで焦ったわたしは禁じ手に出ました。

駅前に広大に広がるタクシー専用駐車場を走って突っ切ろうと…!

でやっ!…と思い切り良く車から飛び出して、客待ちのタクシーが移動を始めたり、勢い良く駐車場に進入してくるタクシーを必死に避けながら駐車場を夢中で走り、駅の入り口へ向かいました。

もう少し…!

と思ったところで、なんとおまわりさんに大声で止められました。

「ここは一般の人ははいっちゃダメーー!危ないからー」

あ、危ないって、こんなところで止められても戻るわけにもいかず。
強引に渡りきったものの、その後、おまわりさんにこんこんと説教されました。
衆人環視の中。

「すみませんすみません!き、気をつけます…」
反省の言葉を述べるものの、押し迫った電車の時間が気になってしょうがない。おまわりさんも、別に、わざわざ危険な中をスリル求めてタクシーの合間をぬって走ってくる大人なんかいないだろうから、ちょっとわたしの切羽詰った表情を見て、状況を感じ取っていただけないだろうか。

ていうか、だんだんといい年して怒られてる状況が面白くなってきました。
「もういいやあ…」

とんだ危険を冒して仙台駅にたどり着いたのですが、フト、もう予定よりも一本遅いヤツで行けばいいんじゃない?
という気になりました。
冷静になれたよ。おまわりさん、ありがとう。


拍手ありがとうございました!
スポンサーサイト

| 絵日記 | 15:26 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maninoff.blog35.fc2.com/tb.php/20-788a71d7

| main |

プロフィール

まにのふ

Author:まにのふ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。