スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

夫が泣いた日、とコメントレス

先日、夫と共に『ガチ☆ボーイ』を観てきました。(以下、感想)


映画は、とても重いテーマを扱っているのに万人が楽しめるエンターテインメントに仕上げてありました。
主人公は記憶の継続ができないのだから悩みを明日に持ち越すことはないのだけど、混乱から始まる毎日をある意味達観したような前向きさでつまずきつつも刻みつけてゆき、そんな彼のがむしゃらな一生懸命さに胸打たれました。
最後には思わず力がこもりおのずと心から応援してしまうような主人公像。
余韻に爽やかさ感動、そして私は少しの哀しさを感じた映画でした。

クライマックスのシーン、ふと気づいたら隣の夫が、こそこそと涙をぬぐっていて超ビックリした。
以前、『A.I.』を一緒に観終わって、あまりの切なさにぐしゅぐしゅに涙していた私に、
「えっ、どこに泣くシーンがあったの??」
と本気で尋ねられたとき、あまりの価値観の違いに驚くの通り越して、夫との将来に不安を覚えたことがあったのです…。そしてこの人とはもう一緒に映画は観るまい(アクションもの以外)と誓ったのだった。

誰もが涙する感動物語すら懇切丁寧に説明してやらないとピンとこない、あの無味乾燥、スーパードライアイの夫が、ななな泣いた…!?(言いすぎです)

映画終了後、泣いてたね、と指摘したら、
「スポーツものには弱くてさ~~」
と言っていた。
そ、そうか、夫の中でこの映画はスポーツものにカテゴライズされたわけね…。
確かにスポーツを扱ってるのだけど、なんか…なんだか…夫にはただ、「頑張ってる姿に感銘を受けた!」…とかそういう…間違ってはないんだけどっつーか…なんだか…なんだかー…
言いようのない茫漠たる気持ちに襲われたのだった…。

もう夫にはスポーツ(サッカーが大きく占める)とガンダムさえ与えておけばいいんじゃないかな!
人間の複雑な心の機微とかは、もういっそどっかに忘れたままでいい!




拍手ありがとうございまーーす!
いっぱい連打してくださった方、嬉しかったです(にへにへ)
水面下でゆっく~りですが活動しております。
少しでも早くサイトで発表できるように、頑張ります。

以下、コメントレスです。
秋姐ちゃん>里帰り、無事に着かれましたでしょうか?いや、無事でないと困りますけど!!
ご実家でゆっくりのんびり健やかにお過ごしくださいね!
旦那様と離れて寂しいでしょうけど、会えない時間が愛育てるのさ♪ですよ^^
絵日記に感想どうもです!!子供ってーのはピュアでカワユスですな~。

風>おとうしゃんの子、めんこいですか(笑)
私も夫から聞いたとき「なにそれ、めんこい話だなああぁ~!!」って身悶えましたよ…
スポンサーサイト

| 拍手レス | 20:26 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maninoff.blog35.fc2.com/tb.php/74-0c8c611a

| main |

プロフィール

まにのふ

Author:まにのふ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。